裁判所の謎の小部屋 Pacific,9月6日

 正義を司る町、ユー。その町外れにブリタニア王立裁判所がそびえ立つ。
 この建物は法廷のある本館と北の島に建てられた監獄の二つの建物が渡り廊下で結ばれて構成されているのだが、途中に奇妙な密室があることはここを訪れたことのある人でも知っている人は少ない。

 そこは四方を壁に囲まれおよそ進入不能と思われていたのだが、このたび私はその中へと入ることができた。
 一見何の変哲もない小部屋なのだが、足下を調べると石畳の隙間から洞窟特有の床や鍾乳石が見えた。ユーの町でもこの小部屋の中でのみ隠された洞窟をみることができるため、なにか特別な意味があるのではないだろうか。


そんな疑問を抱いた私は後にこんな噂を耳にした。
「裁判所の小部屋は新大陸への入り口らしい……」